Negai no manazashi
歌手:22/7
專輯:Muzui (Special Edition)
2020-02-26|日語音樂
歌手推薦
歌詞

Negai no manazashi

なかなか開(あ)かない 踏切りみたいに待たされ続けて
僕のこの胸は もう死んだように諦めかけてた


(眩(まぶ)しい)夕陽の中
(ベンチを)立ち上がる
(その時)通りを駆けて来る君が見えたんだ

願いはいつも手に届かない遠くにあるものだけど
その眼差しはこっちを見ている
だから勝手に背中を向けちゃチャンスを逃すよ
どれだけ本気で思っているか
試してるのさ
(チュチュルチュ チュチュルチュ)

瞼(まぶた)を開ければ 夢がそこで終わってしまうようで
僕はいつまでも 今の現実見たくなかった

(突然)雨が降って
(心が)濡れたって
(どんなに)悲しい噂さえ耳を塞いでいた

願いは時に雲に隠れて見えなくなるものだけど
その眼差しはそれでも見ている
きっと叶わない 俯いちゃったら視線は合わない
希望とは一人で待ち続けること
いつかはきっと...
(チュチュルチュ チュチュルチュ...)
叶う日が来る

(どこかで)そんな想い
(誰かが)遠くから
(やさしく)日差しのように見守っているよ

願いはいつも手に届かない遠くにあるものだけど
その眼差しはこっちを見ている
だから勝手に背中を向けちゃチャンスを逃すよ
どれだけ本気で思っているか
試してるのさ
(チュチュルチュ チュチュルチュ)